仕手株の値動きには特徴があって、じわじわと上昇した後に、一気に上昇が続きます。その間に押し目を形成することもありますが、その後は一気に下げることが多いです。下げ始めてから売れば良いと考えていると痛い目を見ることがあります。というのも、ストップ安になることがあるからです。

ストップ安とは制限値幅の下限まで価格が下がることを指します。証券取引所は株価に制限をかけています。過度な株価変動によって市場が混乱するのを防ぐためです。一気に下げると、焦って売ってしまう人もいるでしょう。冷静な判断をするためには時間が必要ですから、1日の取引の幅を決めておいて、それ以上変動すると取引できないようにするわけです。

これによって投機的な取引による市場の混乱を防げると考えられるのですが、どちらにしてもストップ安になると取引ができなくなってしまうという点に注意が必要です。ストップ安になると、売り手が多数いて買い手がほとんどいないという状態になります。こうなった場合、売りたくても売れないと言うことになります。つまり、仕手株は損切りをしたくてもできなくなるわけです。ストップ安になったときにも取引が成立することもありますが、あまり期待しない方が良いです。

仕手株はストップ安になりやすい傾向があります。リスク管理の方法の一つが損切りなのですが、ストップ安になると損切りもできない状態になるわけですから、ハイリスクな取引だと言わざるを得ません。下げ始めてから手じまうのは難しいと考えておく必要がありますから、上昇している局面で、ある程度の利益が出た段階で手じまっておくのが良いと考えられるのです。あまり欲張らないようなスタンスは持つべきでしょう。

↓他にもおいしい株といえば
ボロ株
優良投資顧問ランキングネット
本物の仕手株を選ぶ