アクシアルリテイリングやコーナン商事は仕手株になりにくい理由としては、まず第一にそこそこの時価総額があり簡単に値を吊り上げることが出来ないためです。
仕手株の仕上げは自ら株を買い上げて、株価が上昇していることを市場に周知させてそれについてきた投資家に集めた株を売りつけることで、利益を出すものであるため肝心の株価の吊り上げがしづらい、アクシアルリテイリングやコーナン商事は仕手株に選ばれにくいものとなっています。

次にして株の準備段階である、株を密かに買い集めるというのも難しいものでありアクシアルリテイリングもコーナン商事も緩やかではありますが右肩上がりの成長を続けていて、業績もまずまずであるため自然と株が上がりやすい銘柄となってしまいます。
そのため、株を買い集めようとしても株価がどんどん上昇してしまって上手い具合に、買い集めることが出来ませんから肝心の玉集めもままならないためこれらの銘柄というのは仕手株になりにくいものとなっています。

それではどのような銘柄が仕手株として選ばれやすいかというと、時価総額も低く業績も悪く長いこと安値で放置されているような銘柄が、仕手筋には好まれます。
このような銘柄は少しずつ株を買い集めても、株価が上昇しにくい一方で十分な玉が集まった段階で大きく買い上げれば簡単に株価を吊り上げることができるので、すぐに市場の注目を引くことが出来ます。
市場の関心が集まれば後は参加者が勝手に買いをいれてくれて、どんどん株価を上げていってくれることになりますから、あとは仕手筋は仕込んだ玉をそれらの買いにぶつけながら株価を操作して売り抜けをはかります。
そして、そのような操作がしやすいのが低迷している時価総額の低い銘柄となるのです。