豊富な資金力を使って、利益を出せるように株を動かしてくる仕手は、株の世界では古くから存在します。
株価が低い内に集めて、そこから自分で買い上げるように見せて、周りを巻き込んで株価を急上昇させます。
この急上昇は純粋に市場の判断であればふつうの株価上昇です。
例えば、業績が良かった、新たな商品やサービスの開始、開発成功などがあります。
しかし、仕手株はなんの材料もなく、いつもと変わらない状態であるのに、急に上昇するのです。
それは仕手が自分で仕掛けて、ある程度の株価まで上げるので、材料は不要なのです。
この上昇は1日で終わることもあれば、数時間にかけてあげてくることもあります。
この数日間にかけてあげる場合は、より大きな利益を狙っていることが多く、株価だけでなく情報面でも影響を与えてきます。
株をやっているのは日中働いている方もいます。
そうすると、仕事が終わった夜に取引をする方もいます。
その方が利用するのが夜間取引、つまりPTSです。
ここでも株価を上昇すると、勢いは続いている、本物だと思う方も増えます。
次の日の本取引でも株価を上昇させることに繋がります。
仕手株は小型株が多いですので、個人投資家も投資しやすいメリットがあります。
ですから、個人に目に留まることが重要です。
そのためにはPTS株価ランキングで上位であることは大きなメリットになります。
ですから、仕手が自らPTSでも売買をして、PTS株価ランキングを上げる場合もあります。
PTSは個人が利用することがほとんどです。
しかし、仕手株ならPTS株価ランキングだけで判断するのはリスクがあります。
今、どんな状況なのかを把握することが大切です。
しかし、うまく乗れば、利益を得ることも出来ます。
多角的に情報を集めるために、PTS株価ランキングは参考の1つにすると良いでしょう。