株というのはいかに情報を早く仕入れることができたものが勝つことができるものですから、とにかく常にあちこちにアンテナを張り巡らせる必要があります。
特に最近はインターネットの普及によってだれでもすぐに情報を収集することが出来るようになりましたから、誰よりもは約情報を仕入れることもさることながら、他の人に遅れを取らないことがより重要なこととなってきました。

対応が後手後手になればそれだけ不利になってしまいますし、対応が遅れれば遅れるほど出来る事が限られてしまうようになるので、とにかくできるだけ早く情報を収集することが出来るようにしておくことが大切です。
そのためには日経口コミなどを常にチェックしていたり、東証取得APIなどを駆使して最新の情報はすぐに入手することが出来るように構えておくと安心です。

入手すべき情報というのはいくらでもありますが、まず大事なのは株式会社ファンデリーのように新規上場してくる銘柄というのは注目度も高く、その企業だけでなく同セクターも刺激されて株価が動くこともあるのでIPOの情報というのは欠かすことができません。
また不可解な株の動きをしている、仕手株情報というのも重要なものであり、仕手株化されていることに気が付かずに急騰している銘柄を見つけて、なにか材料が出たに違いないと思って飛びついてしまうとただボロ株を高値で買わされてしまうということもありますから、仕手株に関する情報もよく抑えておくことが大切です。

このように株というのは情報はあればあるだけ有利になりますから、処理をすることができる範囲でとにかく重要度の高い情報だけでも、優先的に収集をするようにして遅れを取らないようにしましょう。