昔は貴金属を質に入れたり、売り払うのは貧乏な人がする行為というイメージが強くあり、なんとなく後ろ暗いような印象もありました。
近年では金やブランド品の買取りショップも増え、決して珍しい行為では無くなりました。
派手な看板の路面店だけでなく、お洒落なショッピングモールに入っている店や、出張や訪問買取型の業者もあれば宅配買取を専門にしている業者もあります。

自宅で眠っている金やプラチナなどの貴金属、ダイヤ入りアクセサリーやジュエリーなどを売却するなら、専門の買取り業者に査定してもらいましょう。
フランチャイズの大手リサイクルショップなどでも買取りは可能ですが、正当な価値での価格査定ができないケースもありますので、注意が必要です。
金やプラチナなどをしっかり計測して当日の相場で査定してくれるならマシですが、貴金属や宝石のレベルや希少性など真贋査定できないケースもあります。

宝飾査定経験の少ない人が査定するようなリサイクルショップでは宝石鑑定が難しいのもあり、その場で買取りなどの場合はリスク回避のために実際よりも安い価格を提示されがちです。
小さなフランチャイズ店の場合は資金力が無く、手元にある現金不足で高額取引が困難なケースも少なくありません。
ジュエリー製品や貴金属・宝石製品、ダイヤアクセサリーの査定は、素人には難しいので、無意味に安く買いたたかれるのを避けたいなら、貴金属や宝飾ジュエリーを専門に扱う買取り業者を選びましょう。

一般的に貴金属を買取りするショップなどは、古臭くてそのままのデザインでは売れないジュエリー類は地金と宝石類・ダイヤとバラバラに解体して、精錬加工する業者に売却します。
一粒ダイヤのエンゲージリングなどはダイヤと地金部分に分けて、ダイヤが0.2ct以上なら鑑定書を取り直します。
0.2ct以下の小さなメレダイヤがたくさんついたデザインリングなら、解体して色や形・直径などで分類しダイヤオークション等に出します。
つまり買取り価格は地金部分の相場や宝石・ダイヤ類の価値に左右され、そのジュエリーの購入時の価格やデザイン性などは配慮されないことが一般的です。

ハイブランドのジュエリーの場合は、希少なブランド価値が加味される査定をしてくれる専門業者がおすすめです。
カルティエやティファニー、ブルガリなどの宝飾アクセサリーであれば、資産としての価値も高く、年代によってはコレクターズアイテムの場合もあります。
美しいデザインを評価してもらえるだけでなく、希少性の高いトップブランドのジュエリーは高額買取りして貰えることも少なくありません。
代々伝わる宝飾品などの中には、購入したときの価格よりも値上がりしているような資産価値の高いヴィンテージジュエリーもあります。
その価値を正確に判断してくれるような買取り業者を選んで、査定見積もりしてもらうのが良いでしょう。

ブランド品でなくても、ダイヤモンドジュエリーであればGIAの国際基準にのっとった鑑定書(鑑別書)があれば、一定の水準での査定が可能です。
ダイヤを少しでも高く売却しようと思うなら、購入時の鑑定書は探し出しておきたいものです。
ショップに持ち込む前には、輝きが取り戻せるようにきれいに洗浄しておくことも大切です。
ダイヤジュエリーの裏側に付着している汚れなどが取り除ければ、購入時の美しい輝きが戻り見栄えは良くなり、査定時の印象も良くなるかもしれません。

価値のある貴金属や宝飾類をタンス資産として眠らせておくよりも、使わないお宝は有効に活用する方がおすすめです。
市場経済のためにも、自分の投資活動のためにも、買取り業者に売却して投資資金にすると良いでしょう。